スポンサーサイト

--.--.-- --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な出来事

2014.04.27 14:19
小鳥
先週日曜日の夕方のこと。
スノーやハニーのケージの掃除をしているとき、
ふとじゅじゅの写真が目に入りました。
その瞬間、急に切ない気持ちが襲ってきました。




じゅじゅに逢いたい…




それは、わけも分からないくらい唐突な気持ちでした。




急にどうしちゃったの? 私…。




頭では不思議に思っているのに、感情ばかりが先走ってしまって
そのうち涙が溢れて止まらなくなってしまいました。



018_convert_20130504163305.jpg



じゅじゅが亡くなった時の光景がよみがえってきました。
じゅじゅは苦しむことなく、穏やかに逝けた…そう納得したはずなのに、
頭に浮かぶじゅじゅの最期の姿は、なんだかとても寂しそう。




やっぱり寂しかったよね…




そう思うと、居ても立ってもいられなくなってしまって、じゅじゅの写真とお骨を
抱きしめ、ごめん、ごめんって言いながら、またおいおい泣いてしまいました。




ほんとにどうしちゃったんだ、私は…




じゅじゅが亡くなって8ヶ月。じゅじゅの死を受け入れて、
もうすっかり立ち直っていたはずでした。
たまに、切ない感情が込み上げてくることはあったけれど、
それは、月命日にじゅじゅのことをあれこれ思い出したり、
鳥友さんとじゅじゅの思い出を語り合った日の夜だったりと、
それなりのきっかけがあってのこと。こんなふうに唐突だったのは、
じゅじゅが亡くなって間もない頃を除くと、初めてでした。





落ち込んでいたわけでもないし、とりたてて疲れていたわけでもない。
なのに、突然頭と感情が切り離されて、感情だけがひとり歩きするのを
止められなくなったかんじ。だから、頭では納得いかず仕舞いで、
あの感情はなんだったんだ? っていう疑問を抱えたまま、布団に入りました。



005_convert_20130510005746.jpg



翌朝、携帯メールの着信音で目覚めた私。
それは、鳥友さんからのメールでした。




昨日、亡くなった愛鳥の形見の入った箱を開けて見ていたら、
たまらない気持ちになった。亡くなった時のことを思い出して、
苦しくておいおい泣いてしまった。その子に会いたくて仕方ない…
未だにこんな気持ちになること、りっこさんなら分かってくれるかな?





綴られていたのは、亡くした愛鳥への切ない思い。
前日、私が感じた思いとあまりに重なっていたので、驚いてしまいました。




もちろん、彼女の気持ちはよーーーく分かります。だから、
うん、よく分かる。私も同じ日に、同じ気持ちになっていたんだよ。
と返信しました。




彼女からこんなメールが来たのは初めてのこと。
それは、偶然にも同じ日に同じ気持ちになったことを伝えるものだった。
…単なる偶然とは思えないような、不思議なシンクロです。



040_convert_20130429025609.jpg



私は去年の8月、彼女は今年の1月。
近い時期に、大切な愛鳥を亡くした私たち。
亡くした苦しさ、悲しさ、逢いたくても逢えない切なさ…
理屈じゃ説明がつかないけど、同じような思いを感じてきた私たちだからこそ、
テレパシー的に気持ちが伝わり合ったんじゃないかなって思いました。




テレパシーなんて言っちゃうと、ちょっと胡散臭くなっちゃうけど、
前日のあの唐突な感情についての、これが自分なりの答え。
思い込みって言われればそれまでだけど、小鳥を愛するもの同士、
こんなふうに気持ちがつながり合うんだとしたらステキじゃないですか?




翌日からはすっかり平常心に戻った私。
3羽の鳥さんがつなげてくれた鳥友さんとの関係、これからも大切にしたいな…
改めてそう思った朝でした



よろしければ、ポチッと応援、どうぞよろしくお願いします
にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

  キャビア #- URL

りっこさんへ

こんにちわ☆
私もりっこさんの気持ちわかります。
チーちゃんの写真を壁に置いてあるんですけど、
普段から、普通に目に入っていて、
「チーちゃんオハヨー」って感じなんですけど、
たまに、すごい存在感があったり、
「チーちゃんごめんね」ってなって、
涙が出てくることがあります。
不思議ですよね。
私なりに思ってることですが、
それはチーちゃんが私のこと忘れないで、って
私に声かけてるのかも、とか、ここに遊びに来ているのかな
って思ってます。
きっとじゅじゅちゃんが来て、
りっこさんに話しかけているのかも。

りっこさん。  ルビー。 #- URL

こんにちは。りっこさん。
じゅじゅちゃんに、会いたいって…思う気持ちが
伝わりすぎて。私も、悲しくなってしまいました。
もう、一回だけで良いから、神様が、一つだけ、願い叶えてくれるなら、じゅじゅちゃんに、会いたいですね。
昨年の8月、じゅじゅちゃんが、旅立って、凄い辛かったですよね。
じゅじゅちゃんと居ることが、当たり前の、毎日が、当たり前じゃなくなって、辛かったと、思います。
でも、今日は、りっこさん、元気になった、みたいで、安心しました。
本当に、可愛いですもんね、じゅじゅちゃん。
りっこさんのお声に、お返事する、じゅじゅちゃん、りっこさんが、大好きなんですね。
たまには、思い出して、泣いちゃうの、良いと、思います。
ねっ。りっこさん。(^-^)

キャビアさん  りっこ #- URL

キャビアさんこんにちは! コメントありがとうございます^_^

キャビアさんも同じようなこと、あるんですね。
大切な子を亡くした後、こういう気持ちになることって
珍しいことじゃなくて、多くの方が経験することなのかな。

ふいに感情がこみ上げてくるとき…
キャビアさんの言うとおり、じゅじゅが来てたのかもしれないですね。
友だちの鳥さんと一緒に来てたから、同じ時に同じ気持ちになったのかな。

そのうち、チーちゃんとじゅじゅが一緒に訪ねてくるかもしれないですね。

ルビー。さん  りっこ #- URL

こんにちは。コメントありがとうございます☆彡

ルビー。さん、いつも本当に気持ちを受け止めてくれますよね。
まるでルビー。さんにも、私の気持ちがテレパシーで伝わってる
みたい…。

神様、じゅじゅに逢わせてくれないかな…
じゅじゅったら、まだ夢にも一回しかでてきてくれたこと
ないんですよ。

家に帰ったら、じゅじゅが当たり前のようにプラケースの中にいて、
私もそれを当たり前のことと思っていて…
でもね、じゅじゅに触る前に夢から覚めちゃうんです。
起きた時、すっごく残念でした。
夢でもいいから出てきてほしいな。
今度はいっぱいカキカキしてあげよう。

ルビー。さん、お返事するじゅじゅに何回も会いに来て
くれましたよね。
ルビー。さんの優しい気持ち、すごくうれしいです。
ありがとうございました(^^)

  きぃ #- URL

もしかしたら、じゅじゅちゃんとメールの方の
鳥さんがむこうでお友達になって、2羽一緒に
久しぶりに下へ降りてみない?ってなったのかも。
そして伝えに来たのかも。

忘れないでね、わたしの最期は寂しくても
最期は愛に満ちていた。わたしはこれからもずっと
りっこさんのそばにいるよ。

うぅ・・・私まで泣けてきたっ(;_;)
でもね、たまには思い出して泣く日あってもいいと思います♪
だってじゅじゅちゃんがあいにきてるんだもの^^

  ぴーちゃん&ぴよちゃん #qULX9F1o URL

そういう時は 泣いたらいいんですよね
そうね たぶん落ち着いて 普通の暮らしになって
スノーちゃんや ハニさんの所を掃除していて
そこに じゅじゅちゃんが居るのが普通の暮らし
ふと 見たら いない
どうして いないのだろうと思ってしまったのかもしれませんね
どうしてなんだろう 
いない子のことはいつも そう思います
病気で送り出したことは分かってる でもどうして?
どうして病気になっちゃったの?どうして一緒にお別れ出来なかったの 一人にしたの?
もう何年経っても 疑問が心に残ってます
それが ふとよみがえる
また 心が苦しくなるけど 
忘れてないよという証しでもある気がします
私も見送れなかったあの子達を思い出し 
病院でひとりぼっちにして 御免なさいと思うこともあります
何年たってもね

きぃちゃん  りっこ #- URL

きいちゃんこんばんは! 
きぃちゃんだって辛い時なのに、コメントありがとう☆

そうだよね。きぃちゃんの言うとおり、二人揃って
遊びに来てたのかもね。
あの日の感情、あまりに唐突だったから
なにか目に見えない力が働いていたとしか思えないんだよね。

じゅじゅのメッセージ、うう…きぃちゃんったら泣かせるなぁ…
そうだね、じゅじゅがそんなことを話しかけてきたから
あんな気持ちになったのかも。
きぃちゃんありがとう☆彡

ぴーちゃん&ぴよちゃんさん  りっこ #- URL

こんばんは。コメントありがとうございます☆彡

そうですよね。こんなときは泣くしかない。
あの日はほんとに勝手に涙が出てきて、
制御不可能だったんですよ。
まるで感情だけ乗っ取られたみたいに…
頭が伴っていかないから、
まるで自分の感情じゃないかのように感じてしまいました。

やっぱり、何年たっても変わらない思いってありますよね。
立ち直ってないとか、引きずってメソメソしてるとかじゃなくて…
そう、おっしゃるとおり、忘れていないよっていう証ですよね。
ごめんなさいっていう気持ちも、ずっと消えないと思います。
ぴーちゃん&ぴよちゃんさんも同じなんですね。
なんだか安心しました。ありがとうございます☆


じゅじゅちゃん❤︎  スイートピー #- URL

りっこさんこんばんは^ - ^

本当に本当に不思議な出来事だったんだね

わたし…りっこさんが記事にじゅじゅに逢いたいってピンク色に書いた文字をみてなんか心がきゅってなってそれでいてその言葉がすごく優しくて嬉しい気持ちになったよ

おかしな表現でごめんなさい

りっこさん今でもよーく考えるんだけど、12年ってすごいよね
わたしが飼っていたことりさんで一番長く一緒にいられたのは、セキセイインコのチョコちゃん7歳だった ボンちゃんはそのチョコちゃんの記録を越えてくれるようだよ

じゅじゅちゃんとの12年間はりっこさんの宝物
ずーっと消えない宝物の思い出

それからさじゅじゅちゃんって名前は本当に可愛い名前で名前以上に可愛い可愛いことりさんだったよねじゅじゅちゃん❤︎

ブログでしか会えなかったけど、ブログであれだけ可愛いって事は実際もしも会えていたら…………❤︎もうわたし気絶しちゃってたかも

じゅじゅちゃんじゅじゅちゃん今でも本当に大好きだよ☆

りっこさんコザクラインコポチが嬉しいよ

じゅじゅちゃんにポチするね❤︎

忘れ物メッセージ  スイートピー #- URL

じゅじゅちゃんの写真可愛い〜❤︎
全部かわいい〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
りっこさんありがとう…

  sora #n7cNVE9I URL

わたしもね・・・ いまだに高校時代に亡くした
桜文鳥の「のん」を思い出して、突然泣くことがあるんです。
愛おしさらや、後悔やら、いろんなものがこみ上げて・・・
30年すぎてもまだ・・・ね。
でもこれは忘れない誓いの涙だもん。 泣きましょうよ。
じゅじゅちゃん 喜びますよ! 
そして じゅじゅちゃんを胸に また前を向いて歩きましょ (^_^)v

。・゚・(ノД`)・゚・。  Capri #XXNWbZAM URL

りっこさん、こんにちは( •ॢ◡-ॢ)-♡

。・゚・(ノД`)・゚・。
また泣いちゃったよ。
みなさんのコメントが、素敵すぎて、鳥友達って
本当に優しいね、素敵だね(*´︶`*)☆*°

きっと、一緒に遊びに来てくれたんだろうね(*´︶`*)☆*°
じゅじゅちゃんは、きっとジュジュギャラリーがうれしいって、
りっこさんにちゃんと伝えたかったんだと思うよ(*´︶`*)

彼にね、アンジーにカプリが来ている時があるって言われたよ。
私が、カプリのことを思い出して、メソメソしたり、
してると特に…
きっと、ジュジュちゃんも、カプリも、天に召された
他の愛鳥さんも、虹の橋とこっちを行き来する無料パスなんて
持ってて、実は毎日でも来ているのかな〜(*´罒`*)♡
虹の橋に、私たちも行けたらいいのにね。
そしたら、元気なあの子に会えるのに…

忘れられないけど、それでよくって
いくらでも、これでもかってぐらい思い出して行こうね!
これからも、ずっとずっとずーーーーっと(*˘︶˘人)

スイートピーさん  りっこ #- URL

スイートピーさん、こんばんは☆ コメントありがとう(^^)

じゅじゅに逢いたい…この言葉を嬉しく感じてくれたんだね。
全然おかしくないよ。
だって、すごくスイートピーさんらしいもん。
スイートピーさんは、鳥さんの気持ちになれる人だもんね。
これ読んだ時も、きっとじゅじゅの気持ちになってくれたんでしょ。
じゅじゅ、この言葉を喜んでくれたんだね、きっと…(*^_^*)

12年、過ぎたらあっという間だったけど、すごい時間だよね。
じゅじゅと過ごした時間は、今までお迎えしてきた鳥さんの中で
いちばん長いんだよ。
ボンちゃんもチョコちゃんを越えて、
これからもっともっと長生きしてもらわなくっちゃね。
もちろん、スノーもハニーも・・・。
宝物の時間、積み重ねていこうね。

じゅじゅの名前は、長寿の寿々。
それから、アフリカ語のJUJU=おまじない、が由来だよ。
じゅじゅのこと、たくさん愛してくれて本当にありがとう。
会ったら気絶しちゃってた?(笑)
ほんとに会ってもらいたかったな。じゅじゅ、喜んだだろうな…

今は自由にどこにでも行けるようになったから、
姿は見えないけど、きっと会いに行ってるよ。
じゅじゅもスイートピーさんのこと、ぜったい大好きだから。


スイートピーさん  じゅじゅ #- URL

あたちのこと、かわいいって言ってくれてありがとう。
たくさんたくさん、優しい気持ちをありがとう。
スイートピーさんは、あたちのもう一人のママみたいだね。
今度、あたちの写真を届けるね。
りっこちゃんに渡しとくから、受け取ってね。

soraさん  りっこ #- URL

こんばんは。コメントありがとうございます(^^)
soraさんも鳥さん飼育歴、長いんですね。
30年ってすごい年月。
それでも、思いは色褪せていないんですね。
なんだか、感動してしまいます。

細々した記憶は、淡くなったり、忘れてしまったりするけれど、
根本にある愛おしい気持ちは、いつまで経っても変わらないんでしょうね。
だからこそ、失ったことへの後悔も消えない…

忘れてないこと、ずっと愛していること。
涙がその証なら、これからも堂々と泣けますね。
そして、スキっとしたら、また前を向きますね。

Capriさん  りっこ #- URL

Capriさん、こんばんは! コメントありがとう☆彡

泣けるよね。みなさんのコメント、温かくて…
読んでうるうるして、返事しながらまたうるうるしてるよ。
「みんなそうなんだ。堂々と泣いてもいいんだ。」
そう思ったら、余計涙腺ゆるくなっちゃいそう。

あの日の翌朝、メールを見てどれだけ心強かったことか…
同じ気持ちの人がいるんだ、一人じゃないんだって。
鳥友さんってありがたいよね。
自分のまわりには、こういう気持ちを共有できる人っていないもん。

じゅじゅギャラリー、あれを作ってる時、一人じゃない感じだったんだよ。
じゅじゅと共同作業してるかんじだったの。
だから、完成を喜んでくれてるって私も思う。

カプリちゃんはアンジーちゃんに会いに??
そんなふうに言ってくれるCapriさんの彼、ほんとにステキだね。
でも、ほんとにそうだと思う。
「アンジーがんばれー。私の分までCapriママをよろしくね」って
伝えに来てるんだよ。

無料パス、いいね~。私も欲しい!!
こっちからはまだ当分、虹の橋には行けなさそうだけど、
せめてあの子たちが訪ねてきてくれた時、
気づけるようになりたいね。
泣けるときは、そのサインなのかもね。



痛いです…  まいたん #- URL

りっこさん、大丈夫ですか?

この記事を読んでから
目の奥が痛みます。

愛した子を失った悪夢のようなあの日、何度も何度もその光景は頭の中で再放送されています。 私も思い出しては泣いてしまいます。 じゅじゅちゃんはプラケースの中にいました。 りっこさんの手作りのおもちゃに寄り添っていました。
私が毎日食い入るように見ていたじゅじゅちゃんの様子です。
じゅーじゅ? と優しくりっこさんに話しかけられて返事するじゅじゅちゃん。

りっこさんに溢れるように愛されて行く事が出来たじゅじゅちゃんは、幸せの中で行けたと思います。 ただ、コザクラインコは特に甘ったれなのでまだ甘えたいじゅじゅちゃんが、りっこさんの側に甘えに来たんだと思います。
うちのきーちゃんは、私より番いのるーに会いに来てそうですが(笑)

まいたんさん  りっこ #- URL

こんばんは! コメントありがとうございます☆

私は大丈夫。翌日からは、いつもの自分に戻れたよ。
鳥友さん(まいたん、なんとなーくお相手はだれか分かるでしょ?)
からメールもらって、気持ちを共有できたことも助けになったしね。

まいたん、目の奥が痛いって…。
この記事がきっかけになって、目の奥に焼きついたつらい光景、
いっぱい思い出させちゃったかな。
私がじゅじゅのことを忘れられないように、まいたんも
決してきーちゃんのこと、忘れることはないよね。

まいたん純粋だから、私のつらい気持ちをストレートに
受け止めてくれたんだね。
きっと、まいたんとも気持ち、つながってるよね。

甘ったれコザクラのきーちゃんとじゅじゅ。
きっと、時々来てるよね。
きーちゃんだって、こんなに愛してくれるまいたんに会いたくて
来てるよ。きっと。

泣けてきた時、ふいに思い出す時…
そんなときには会いに来てくれてる。
そう思うと、温かい涙に変わりそうだよね。

  sumiremaman #Mom3fmKk URL

私もまったく同じ経験しました。
インコじゃなくてワンコだけど。
16歳で天国にいった愛犬。
最後はヨボヨボでつらそうだったし、大好きな母のもとで逝けたから、と納得したはずでした。
でも数ヶ月経ったある日突然、
愛犬の服を片付けるのに手にとった途端、涙が止まらなくなりました。
会いたくて会いたくて、恥ずかしながら号泣。
りっこさんの
「突然頭と感情が切り離されて、感情だけがひとり歩きするのを
止められなくなったかんじ」
まさにそれです。
りっこさんのじゅじゅちゃんに対する想い、
自分の経験と重なって思わず涙してしまいました。
でもこうやっていつまでも愛する子が自分の心の中にいるってこと、
とても幸せですよね。。。
泣いた当時はすごくつらかったのですが、
今ではそれも大切な思い出です。

sumiremamanさん  りっこ #- URL

ママンさん、こんばんは。コメントありがとうございます(^^)

覚えています。カルバン君ですよね。
「たしかママンさん、何年か前に記事にされてたな~」って思って、
さっきカルバン君に会いに行ってきました。

サーファーさんたちが「カルバンじゃね?」って噂する
その有名っぷりを微笑ましく思いながら、
それから、カルバン君との思い出の散歩道を
泣きながら歩いていたお父様のエピソードにうるっとしながら、
じっくり記事を読ませていただきました。
穏やかな、優しい目をしたカルバン君。
いっぱいいっぱい、愛されたお顔をしていますね。

ママンさんも、やはり同じ経験をされていたんですね。
そう、ほんとに感情だけ勝手に動いてしまうんですよね。
涙が止まらなくて、どうしようもなくて…

でも、こういう温かい涙の後って、スッキリして、
また前向きな気持ちになりませんか?

「いつまでも愛する子が自分の心の中にいる」
そのことが実感できるからなのかな…
ママンさんのコメントを読みながら、そう思いました。

非公開コメント

trackback

http://0125juju.blog.fc2.com/tb.php/172-1c7bf18b
TOP
 プロフィール 

りっこ

Author:りっこ
FC2ブログへようこそ!

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。